格安SIMと出会うまで

最終更新日:2014/06/27
スポンサーリンク

元々は15年来のauユーザーでしたが、スマホを機種変する際、維持費の高さに疑問を持つようになりました。

スマホの維持費が高過ぎる!

2013年6月。

使い始めてすでに2年3ヶ月を経過した愛機レグザフォンIS04を握りしめながら僕はストレスの限界に達していた。

反応の悪いタッチパネル。起動に10秒以上かかるカメラ。

17時ピッタリに警告が出て、決して残業しないゆとり君のようなバッテリー。

突如始まる再起動。。。

発売当初は当時のハイエンドモデルと期待値の高い機種でしたが、使えば使うほど重くなって一年を待たず買い換えるユーザーが続出した曰くつきのモデル。(その後、東芝は後続機を1モデルのみ発表し早々とスマホ事業から撤退した)

そんなストレスフルな機種を何故2年を超えて使っていたのか?

機種変したら維持費が高くなるから!

当時支払っていた通信費は約7,000円。すでに本体代金の支払いを終えていたのでその程度でしたが、機種変更すれば本体の分割支払いを含めて月々8500円程度支払うことになリます。

自宅の光ネットのプロバイダー料金でさえ5,000円以下なのに1万円に届きそうな固定費を払い続けるのはつらすぎる(涙)

色んな策を練ってみた

ちょうどauスマートバリューの割引サービスが始まった頃で利用できないか調べてみた。と、自宅で使っているプロバイダが割引対象!

でもよくよく調べるとネットと光電話をセットで使うのが条件でした。

ネットはともかく自宅に固定電話は引いていない。スマホの割引のために固定電話を引くなんてどう考えても本末転倒なので泣く泣く却下です。

しばらく機種変更を先延ばししてWi-Fiでの運用を考えてみる。

パケット定額を外せば月々1,300円程度ですが、これでは外出できない。

モバイルルーターと2台持ちすると1,300円+3,800円=約5100円

安くはなるものの今度はモバイルWi-Fiに2年縛りがかかって身動きがとれなくなる。さすがにストレスフルなIS04をあと2年使う気力は無い。

途方にくれかかっていた時に見つけたのが「格安SIM」でした。

by aki-f.net