HOME > 旅行 > 台湾旅行

十分で天燈上げ

IMGP0378

九份からローカル電車の平渓線に乗り、郊外の十分へ。平渓線の車窓から見える風景は自然豊か。
京都人的には嵯峨野線に乗り保津峡へ向かうイメージ♪


IMGP0381

十分駅に到着。田舎だねぇ(いい意味で)

IMGP0391

駅前は観光客相手の店で賑やか。

IMGP0407

その多くが名物の天燈上げを体験させる店。

天燈上げは天燈(大きな提灯みたいなもの)に願い事を書いて空の神様に届けるという風習。

IMGP0413

みんな真剣に願い事を書いています。

IMGP0418

どうでもいいんですが、みんな線路の中ではしゃいでます。いいのか?

IMGP0400

僕らも天燈に願い事をかきました。妻は「夫婦円満 家族健康」、
僕は「早く日本が元気になりますように」と。

妻 : 「えらいごっつい願い事書くなぁ。日本語で。

a-ki : 「あっ。。。」

「大丈夫。台湾の神様どんな言葉もわかります!」
ほんまかいなw

IMGP0402

天燈が飛ぶのは熱気球の要領。火をつけるとあっという間に飛んでいく。

しかし、火のついた天燈はどこに飛んでいくか分からない。火が消えるまで落ちてこないんだろうけど、火事の心配とか無いのだろうか?

本当は夕暮れの天燈上げが綺麗なんでしょうね。

さて、天燈上げの後は台北市街に戻り夕食。
台湾では今、海鮮料理が人気らしい。「北海漁村」という店で夕食。

R1078363

一番インパクトがあったのはヘチマとエビの炒め物。ヘチマがこんなにうまいものとは思わなかったよ。
台湾ビールも飲んで、お腹いっぱい大満足♪

R1078362R1078360

これで、2日目の予定は終了!

3日目は免税店に立ち寄った後、空港へ。無事京都へと帰ってきました。

今回も余裕の無いスケジュールでしたが、密度の高い旅ができました。
台湾は、物価も安く(しかも円高)好日的で、日本人にとってはびっくりするくらい心地よい国。

言葉が通じにくいハンデはありますが、機会があればまた行ってみたいです。
まだ食べてないものがいっぱいあるしね♪

コメントは受け付けていません。


by aki-f.net