HOME > レビュー > 聴く > レビュー > 落語

[ 買いました ] 立川談笑 イラサリマケー [ 落語CD ]

イラサリマケー

大好きな立川談笑の落語CD。待望の第3弾!
タイトルは僕がはじめて聞いた談笑の落語「イラサリマケー」

「イラサリマケー」は三代目三遊亭金馬の十八番「居酒屋」の改作。

元ネタでは居酒屋で酔っ払いが小僧さんをおちょくる内容だが、「イラサリマケー」では現代にコンバートして客とミャンマー人の店員とのコミュニケーションギャップという設定になっている。

まぁ、とにかく面白い。

このオモシロさをどうにか伝えたいのだけど、とにかく下品でエロくて危なくて引用するのもはばかられるw

前作にも収録されていなかったので、てっきり自主規制で世に出せないのだと思っていた。
それがまさかCDタイトルとして取り上げられるとは!

ファンとしては嬉しい限りだが、これが仇となって今後、談笑落語のメディア化の足枷にならないことを切に祈る。
できればこの勢いで「片棒(改)」とか「○○指南」とかも是非メディア化して欲しいものだ。

他のタイトルもなかなか興味深い。

特に師匠立川談志の十八番「居残り佐平次」を取り上げているのには驚いた。

談志の飄々とした根っからの明るい佐平次とはちょっと趣の違う、どことなく黒い影のある談笑の佐平次。そして佐平次は実は一人ではなかったという驚愕のサゲ!

他の「猫と金魚」「愛宕山」「粗忽だらけの長屋(粗忽長屋)」も談笑独自の解釈を加えた展開になっていて楽しい。

次回は是非DVD化して欲しいなぁ。それが無理なら有料ネット配信でも。お金払って見る価値ありと思います。僕的には。

shop : BOOKOFF Online ヤフー店(Yahoo!ショッピング)

コメントは受け付けていません。


by aki-f.net