HOME > 旅行 > 東京観光

新しい歌舞伎座でお茶する

_8200155

築地から晴海通りを銀座に向かって歩いていくと、右手に新しくなった歌舞伎座が見えてくる。もちろんチケットがないので観劇はできないけれど、売店やギャラリーには入れるというので見学してきました。

現在の歌舞伎座は5代目。2013年に建て替えられ春にこけら落とし興行があったばかり。

P8200005

風格のある劇場が29階建ての高層ビル背負う姿は、なんとも近未来的な光景なのですが、不思議と違和感はないですね。
これが京都だとまた違った感情があるのかもしれないけれど、さすが東京といったところ。

エスカレーターでB2へ降りると売店が立ち並ぶ木挽町広場。

_8200112

地下鉄の東銀座駅への連絡通路にもなっていて、足早なサラリーマンとのんびり土産物を冷やかすシニアが入り乱れて混沌としている。

_8200117_8200125

エレベーターで5階へ上がると屋上庭園と歌舞伎座ギャラリー。

庭園の真正面に永谷園の広告看板。
そういえばお茶漬け海苔のパッケージって歌舞伎の定式幕のデザインでしたね。良い宣伝だわ。

写真は撮ってないけど歌舞伎座ギャラリーでは「歌舞伎の夏 色彩と音」をテーマに劇中の擬音(波の音や雷の音など)を体験できる展示で遊んできました。

_8200134

喉が乾いたので茶店で一服。

_8200138

妻は冷たい白玉ぜんざいを。僕は煎茶セットをオーダー。

_8200144

煎茶はカウンターの茶釜から丁寧に一杯目を注いでくれる。

どっかで見た光景だと思ったら京都の伊右衛門サロンと同じだ。

_8200146

抹茶のフィナンシェ甘すぎず美味しかったです。が、お茶はやっぱり京都のほうが美味しいな^^;

コメントは受け付けていません。


by aki-f.net