Monthly Archives: 4月 2012

花ミル

花ミル-1
友人が習っているフラワーアレンジメント教室の花展が開かれていたので見てきた

花ミル-2

京町家と花と造形との融合はなかなかモダンなのです
というか自分の花を評するボキャブラリーの無さにあらためて愕然とする

花ミル-3

せめてもの収穫は設定しなおしたGX200のMYセッティングがなかなかはまっていたこと 友よスマヌ

裏の顔

裏の顔

大阪の万博記念公園には有名な岡本太郎の太陽の塔がある。

これはその裏側に描かれたもう一つの太陽の顔。

黒くて無表情でなんか不気味な裏の顔。

わかぼっくり

わかぼっくり

「松ぼっくり」と呼ぶにはあまりにも瑞々しいので

せめて「わかぼっくり」と名付けたいと思います。

けっしてゴミ屋敷ではなく

けっしてゴミ屋敷ではなく

縁日でハギレを売る露店なのです。

どうやって商品をあつめるのか、
どうやって値段を決めるのか、

なによりそこそこ繁盛してるのが不思議でならないのです。

夜想曲

夜想曲

僕の愛用のギター Kヤイリのノクターン コンパクトなボディでちょっと変わったところにサウンドホールがある

この位置が絶妙で演奏している本人に音が実によく聞こえる

夜一人で爪弾くのにピッタリのギターなのだ 「ノクターン(夜想曲)」というネーミングは伊達じゃない

デジカメ写真も印刷すると30倍良くなる。

デジカメ写真も印刷すると30倍良くなる。

ふだんは撮った写真はPCで見るだけなんだけど、ふと思いつきで気に入った写真をプリントアウトしてみた。

L判という印画紙の大きさは、それはそれで絶妙でノイズは目立たなくなるしシャープネスも強調されて写真がうまくなった気になる。

デジカメは印刷レベルでは既に十分オーバースペックだろう。

写真をPCのモニターでピクセル等倍で見るような人は自ら幸せを遠ざけているのかもしれない。

Barber

Barber
ふだんは友人の美容室で髪を切ってもらっているので

たまに理髪店でヒゲをあたってもらいたいなって衝動に駆られるけれど

シェービングだけで店に飛び込むほど大人の男にはまだなれてない

木蓮の花

木蓮の花
あまりに大胆におっぴろがっているので 本当にモクレンの花なのか不安になってるなう

ユキヤナギ

ユキヤナギ
やなぎの枝に雪が積もったように見える だからユキヤナギ これでいいのだ!

サイタサイタ

サイタサイタ

咲きも咲いたり真っ赤なチューリップ しかしよく植えたものだ 春の京都府立植物園