HOME > レビュー > 読書

[読みました] 民主党政権は日本をどう変えるのか

[読みました] 民主党政権は日本をどう変えるのか

もうすぐ総選挙です。
麻生総理は解散するすると言いながら、なかなか思惑通り進められなくて気の毒な感じさえしますが、衆議院は遅くとも9月10日に任期満了になるので、10月半ばまでに選挙があることは確実です。

今度の総選挙で自民党が負けるであろうことは、大方予想できます。
じゃ、民主党が勝つのかというと・・・なんかちょっと半信半疑ですね。
たぶんこの気持ちは僕だけじゃないと思います。

この半信半疑は
「そもそも民主党って、どういう政党?」
という根本的な理解不足から来るのではないでしょうか。

成り立ちとか、イデオロギーとかね。
「右なの左なの?」

今度の選挙までにね。一度おさらいしておいたほうがいいと思うんです。

[読みました] 民主党政権は日本をどう変えるのか

今、本屋に行けば民主党関連の本はたくさんあります。
僕が選んだのはその中で一番薄っぺらい本(笑)

でもこの薄さが正解でしたよ。

民主党の成り立ちから、政策、そして2007年失敗に終わった自民-民主の大連立構想の謎まで簡潔に分かりやすく書き示してあります。

若干、民主党寄りの論調であることは否めませんが、現在野党であるというハンデを考えれば、これくらいのバランスでちょうど良いでしょう。

僕は仮に今度の選挙で民主党政権が誕生してもそう簡単に日本が変わると思えません。
しかし、ダメなら政権政党がかわるという事実が大事なんだと思います。

僕自身はどこに投票するかまだ決めていませんが、選挙がすごく楽しみになってきました。

投票行くよ!絶対行くよ!!

shop : 楽天ブックス
鳩山民主党がよくわかる。「霞が関」大反発の大改革が始まる。総選挙前、必読の一冊。

コメントは受け付けていません。

Auther

a-ki

a-ki

a-ki's factoryの中の人。京都生まれの京都育ち。

>>詳しいプロフィール

レビュー > 読書

Kindle本を出版しました

cover

悩めるブロガーの皆様へ
巷にあふれる「ブログ論」とは違います。 ありそうでなかった「個人サイト運営者のための情報サイト構築論」の本です。


by aki-f.net