HOME > Web > サイト製作・運営

[削除][MT4][ヘッダーとフッターを動的に読み込む

[ この記事は削除しました ]

PHPのincludeでレイアウトを読み込むと検索結果ページで表示されないことがわかりました。

(mt-search.cgi がpealで書かれているから。)

よってこの記事は一旦削除しましたm(__)m

 

“[削除][MT4][ヘッダーとフッターを動的に読み込む” への4件のフィードバック

  1. かん吉 より:

    ちょっとツッコミを。
    の部分は、ドメインから書くのではなく、相対パスの方が自然です。もしくはrootからの絶対アドレスを書くか。
    自サーバーから自サーバーのファイルを呼び出すのに、DNSをわざわざ呼びださなくても良いかと。
    xreaでは禁止されることがありました。ご参考に。
    http://www.web2-labo.com/xrea.html

  2. a-ki より:

    >かん吉さん
    ツッコミありがとうございます。
    この辺サーバーの仕様によって変わるところで、良くわからない部分でもあります。
    本来、相対パスで書くのが自然なのはわかっているのですが、ディレクトリによって分岐させると冗長になりそうでこのような書き方をしました。
    ブログのエントリー参考にさせていただきますm(__)m

  3. うか より:

    私、インクルードしてますよ♪
    MT4でもできると思うんですが、モジュールを新たに作り、「ファイルへのリンク」欄に、通常PHPでインクルードしている外部ファイルへのパスを入力します。
    通常のページでは、phpで外部ファイルをインクルード、システムページではMTincludeを使ってMTモジュールをインクルードすればOKです。
    テンプレートから「ファイルへリンク」することで、同じ内容のものがMTのシステム上でもできる形になるので、結構便利ですよ^^

  4. a-ki より:

    >うかさん
    情報ありがとう!
    早速やってみました。できました!
    「ファイルへのリンク」ってどうやって使うのかわからなかったんですよね。
    なるほど。
    いや~情報提供するつもりが情報もらう側になるとは(汗)

Auther

a-ki

a-ki

a-ki's factoryの中の人。京都生まれの京都育ち。

>>詳しいプロフィール

Web > サイト製作・運営

共著書が出版されました

Google AdSense マネタイズの教科書[完全版]

電子書籍:情報サイトでオーソリティーを目指そう!: 10年先も生き残る安定志向のサイト構築論をリライト、加筆した内容が第5章に収められています。


by aki-f.net