HOME > Web > サイト製作・運営

ブログの検索窓

searchwindow

ブログのレイアウトを変更しサイドバーの整理をしていてふと思ったことですが、どうもブログでサイトを作っている人って検索窓を軽視してるんじゃないでしょうかね。

「ブログ内検索って使われてるの?」というのがそもそも疑問なのですが、実は案外使われているみたいです。

僕は以前やっていたブログで検索ワードのログを取っていました。

(参考 : 検索ワードを保存する

今日その検索ワードを数えてみたら1800ワード、何度か初期化しているので少なくともログを取り始めてから2000ワードは超えていると思います。

ログを取り始めたのが2006年の5月ですからちょうど2年。1年で1000ワード、計算上は1日に2~3ワードということになります。

これって少なくないですよね?

最近はあまり言わなくなりましたが、サイトのナビゲーションは「トップページから3クリックで目的のページへ辿り着く」のが理想です。もちろんこれは静的なサイトにおいての話でブログでは実現するのは無理でしょう。

だとしたら、なおさらブログ内検索ってもっと重要視していいんじゃないかなと思います。

実は今日調べものをしていて、「そういえば○○さんのブログに書いてあったな」と思い出してブログを開いたのですが、記事が多すぎて、そこからどうやって探せばいいのやら・・・。僕はそういう経験よくあるんですよね。

せめて検索窓がわかりやすい位置にあればそういうストレスも軽減できるのではないかと思います。

ブロガーの皆様。検索窓はできるだけ上の方に配置してくださいませm(__)m

1ビジターからのお願いです。

“ブログの検索窓” への2件のフィードバック

  1. afiliate より:

    こんにちは、a-kiさま。
    当サイトの事では無いと思ったのですが(笑)、一応配置してみました。ライブドアブログの検索では検索できずYahoo!ではインデックスがほとんど無く、Googleのフリー検索のやり方を忘れてしまったので、やむなく(?)アドセンスを使ってみました。
    使ってくださる方がいらっしゃれば良いなと思います~。

  2. a-ki より:

    >afiliateさん
    テンプレートのデザイン、大胆に変えられたんですね。
    検索窓は絶対目立つところに置いた方がいいですよ!

Auther

a-ki

a-ki

a-ki's factoryの中の人。京都生まれの京都育ち。

>>詳しいプロフィール

Web > サイト製作・運営

Kindle本を出版しました

cover

悩めるブロガーの皆様へ
巷にあふれる「ブログ論」とは違います。 ありそうでなかった「個人サイト運営者のための情報サイト構築論」の本です。


by aki-f.net