HOME > 遊ぶ > 京都の桜

永観堂~京都の桜2008

IMG_0385

南禅寺を抜けて永観堂へと向かう道にもそこかしこに桜が咲いています。

道があまり広くなく、観光の人でごった返しているので、うっかり見とれていると前の人とぶつかりそうになったり(汗)

期待に胸を膨らましながら永観堂に到着。

IMG_0390

・・・って

あれ?

桜がない。

 

・・・

 

 

下調べ不足でした。

実は永観堂は「もみじの永観堂」と言われるほどの紅葉の名所で、桜は

「別に・・・」(沢尻エリカ風・・ちょっと古いorz)

なんです。

 

しかし、さすがは「もみじの永観堂」

春なのに・・・

IMG_0392SIZE: 1.95em; COLOR: red”>なんと赤く色づいたもみじが!!

 いやびっくりしました。

一年中赤い種類なんでしょうかね。

季節感無視しまくりの空気読めないもみじですw

 

桜はほとんどありませんでしたが、この永観堂、見どころいっぱいです。

 

水の滴る音が琴の音のように聞こえる「水琴窟(すいきんくつ)」や、まるで竜の背中のようにくねった「臥龍廊(がりゅうろう)」という長い廊下

 

中でもご本尊の「みかえり阿弥陀」は左に首をかしげ、まるで振り返っているような不思議な姿勢をした仏様です。

「遅れてくるものを見捨てずに待つ慈悲の心」

を表しているのかな。

なんか勝ち組、負け組とぎすぎすしてしまった今の日本を憐れんでいるようなそんな風に見えました。

※堂内撮影禁止のため写真を撮れなかったのが残念です。

参考URL : http://www.eikando.or.jp/

“永観堂~京都の桜2008” への1件のコメント

  1. a-ki blog より:

    永観堂のライトアップ~2008京都の紅葉

    永観堂は「もみじの永観堂」と呼ばれ、見所の多い京都東山の中でも特に見応えのあ…

Auther

a-ki

a-ki

a-ki's factoryの中の人。京都生まれの京都育ち。

>>詳しいプロフィール

共著書が出版されました

Google AdSense マネタイズの教科書[完全版]

電子書籍:情報サイトでオーソリティーを目指そう!: 10年先も生き残る安定志向のサイト構築論をリライト、加筆した内容が第5章に収められています。


by aki-f.net