HOME > 遊ぶ > 京都の紅葉

高雄山 神護寺~京都の紅葉2013

_IGP6666

三尾の紅葉、最後の「尾」は高雄山神護寺。

日本史の教科書でよく見た源頼朝の肖像画を所蔵することでも有名な真言宗のお寺です。


長い階段を登る。ひたすら登る。

_IGP6671

予備知識がないとびっくりしますが、神護寺への参道はちょっとしたハイキングコースになるくらい階段が多くて長いのです。

パンプスやヒールの高い靴なんてもってのほか、汚れてもいいようなスニーカーが推奨です。

_IGP6872

百段以上登っただろうか、なだらかな踊り場になり茶店などが見えてきますが、これあくまで中腹。

さらに15分ほどかけてひたすら登るとようやく楼門が見えてきます。

_IGP6697

おぉ、美しい。頑張って登った甲斐がありました。

_IGP6840

門をくぐると、パッと目の前が開ける。仁和寺と雰囲気が似てるなぁ。

_IGP6830

神護寺は三尾の中でも有名な紅葉の名所。

まだ染まりきってはいないけど、十分綺麗です。

_IGP6813

金堂へ参拝するにはまた石段。うぅっもうやだ。

_IGP6760

しかし登り切って振り返ると、下から見上げるのとはまた違った鮮やかな光景ですね。

足の疲れも忘れます。

==

さて、神護寺には紅葉以外にも名物があります。

それは「かわらけ投げ」

_IGP6798_IGP6793

「かわらけ投げ」とは厄除けの願いを込めて、素焼き土器などを高いところから投げる遊び。

落語の「愛宕山」などにも登場しますが、どうやらこの神護寺が発祥らしい。

妻がやってみたいというので挑戦してみる。

2枚で100円也。

遠くへ飛ばすほどご利益があるらしいが。。。。

 

_IGP6787

ぶーーーん!!!

豪快なオーバースローでかわらけを力いっぱいぶん投げる妻の図。

な、なにか嫌なことあったのか(;・∀・)

かわらけは円盤状なのでフリスビーを投げる要領で水平に投げないとうまく飛びません。

妻の投げたかわらけは思いと裏腹にひらひらと谷底に舞い落ちていきました(笑)

 

ちなみに僕も投げましたが力が入りすぎて地面に叩きつけてしまったのは内緒の話です(汗)

_IGP6719

瓦の鬼も笑ってらぁ。

コメントは受け付けていません。

Auther

a-ki

a-ki

a-ki's factoryの中の人。京都生まれの京都育ち。

>>詳しいプロフィール

共著書が出版されました

Google AdSense マネタイズの教科書[完全版]

電子書籍:情報サイトでオーソリティーを目指そう!: 10年先も生き残る安定志向のサイト構築論をリライト、加筆した内容が第5章に収められています。


by aki-f.net