HOME > レビュー > スマートフォン/タブレット

バッテリー表示の不具合 ~ FREETEL Priori3S LTE 2週間目

FREETEL Priori3S LTE に機種変更して約2週間。

2万円以下の格安スマホが使い物になるのかと興味半分で買ったのですが特に不満なく使えていて、もはや7万も8万も出してハイエンド機を買う意味を見失いかけております。(;・∀・)

それにしても大容量バッテリーは正義ですね。
まるまる2日間以上バッテリー残量を気にせず使えるのは本当に快適です。

ただ一点、そのバッテリーまわりで不具合に遭遇してしまいました。

これはBattery Mixによるバッテリー残量の推移を表したグラフです。

それまでは1時間に約2%のペースだったのが、ちょうど20%くらいから急激に残量が減っているのがわかります。

まさに見る見る間、というか10秒に1%以上のペースで減っていきました。

この不具合はすでにAmazonのレビューや2chの掲示板などでも報告されています。

実は僕も購入前に知っていて覚悟はしていました。

掲示板などではバッテリー容量の詐称や「4セルのうち1つが稼働していない」などと噂されていましたが、僕はそうではないと思います。

一般的に2000mAhのバッテリーを積んだスマホでは、せいぜい20時間ぐらい使えれば良い方でしょう。

Priori3Sでは4000mAhで50~55時間程度使えているのでむしろ単位あたりの消費効率は良い部類に入ります。

そしてこの現象、毎回起きているわけでもありません。

前回の満充電(購入後2回目)からの使用ではほぼ問題なく(10%を切ってからは不安定ですが許容範囲)3回目の充電では再現しました。

ちょっと興味深いのは↓ココ。

白い線で囲まれている部分は電源をOFFにしていた時間ですが、なぜかバッテリー残量が40%⇒60%に跳ね上がっています。

もちろん、この間充電はしていません。

なんの拍子か実際のバッテリーの残量と表示にズレが起こっていたようなのです。

このことからも物理的なバッテリーの不具合ではなくソフトウェア的な問題に思えます。

まぁ、いくら保ちが良いとはいえ少なくとも1~2日おきには充電するわけで実際トラブルに遭遇する機会はほとんどないでしょう。

レビューなどでの指摘が少ないことを見ても気づいていない人が多いんじゃないでしょうかね。

解決したほうが良い不具合には違いないですが僕もあまり気にしていません。

購入を検討されている方の参考になれば。

Priori3 LTEから、バッテリー容量を約2倍に増強。 高解像度HDディスプレイ、800万画素カメラ搭載。 LTE対応、Android5.1を驚きのプライスで。 SIMフリー時代に、新たなスタンダードの登場です。
 

コメントは受け付けていません。

Auther

a-ki

a-ki

a-ki's factoryの中の人。京都生まれの京都育ち。

>>詳しいプロフィール

レビュー > スマートフォン/タブレット

共著書が出版されました

Google AdSense マネタイズの教科書[完全版]

電子書籍:情報サイトでオーソリティーを目指そう!: 10年先も生き残る安定志向のサイト構築論をリライト、加筆した内容が第5章に収められています。


by aki-f.net