HOME > 遊ぶ > 京都

ほぼ満開。北野天満宮梅苑

R1077510

梅花祭(2月25日)はとっくに過ぎちゃったけど、北野天満宮の梅は今がちょうど見頃。昨年はちょっと早すぎて失敗したので、今年は3月の声を聞いてから見に行ってきました。


R1077515

東門を通り抜けて社殿へ。観光客にはおすすめしないが、社殿へは東門が一番近い。お参りだけの地元民は結構活用している。

R1077517

平日にも関わらず参拝に列をなしている。昔はこんなに観光客は多くなかった気がする。経営努力だねぇ。

R1077532

御土居の入口から入苑。ほぼ満開です。

R1077525

しだれ桜ならぬ、しだれ梅?

花そのものが少なく、花びらが大きいのでお正月に飾る餅花のように見えます。というか餅花はこれを模したのかな?

R1077531

苔むした幹に歴史を感じます。

R1077548

梅越しに中門を望む。

R1077558

紅梅は全般に早咲きなのでしょうか?少しくたびれて、そろそろ終わりのようです。

R1077560

白梅はまだつぼみもあり、もうすぐ満開です。

天神さんの梅苑は広くて立派なんだけど、梅の名前の表示が無いのがちょっと残念。

R1077554

花より団子。茶店で綾傘餅(みかさのようなもの?)を炙っていた。美味しそうだったけど、このあと食事の予定があって遠慮した。

DSC_0043

ところで、案内のチラシに、可愛らしく映っている小鳥。「梅に鶯(うぐいす)」ではなく、たぶんメジロ。

これ、撮影用じゃなくて本当に梅苑にいました!

見えるかなぁ。

R1077571_2

真ん中で逆さになってます。梅の蜜を吸っているのでしょうか?

ちゃんと望遠レンズ用意していけば良かったぜ。

コメントは受け付けていません。

Auther

a-ki

a-ki

a-ki's factoryの中の人。京都生まれの京都育ち。

>>詳しいプロフィール

共著書が出版されました

Google AdSense マネタイズの教科書[完全版]

電子書籍:情報サイトでオーソリティーを目指そう!: 10年先も生き残る安定志向のサイト構築論をリライト、加筆した内容が第5章に収められています。


by aki-f.net